もろもろ日記

1999年2月23日(火)

信長の野望

〜 はまりゲーム 〜

信長の野望 烈風伝を入手。さっそく遊んでみる。
今回は、前作の操作を継承していることもあり、
違和感をあまり感じずに始められた。

 三国志、信長の野望(インターネット版を除く)を
連綿と買いつづけているが、これって結局人材をいかに
集めるかというゲームなのね。中程度以上の能力を持った
人材が多ければなんとかなる。当然戦略方針、戦術もかなり
影響するが。

 とりあえず、信長を選べば最初から人数が確保されている
から楽。僕のやり方だと、始まったらとにかく富国強兵。
領内開発を総動員でやって、兵力増強のために村を3つほど
作っておく。1年過ぎると斎藤家がちょっかいをかけてくるから、
勲功稼ぎのために有望な奴等を総動員して応戦。うまく行けば
1会戦で一人くらい人材が増える。そいつらは人数が少ない
支城に移動、開発に従事。

 ほとんど領内が開発されつくされる頃には、斎藤家も
弱小化しているので、支城から攻略。人数も少ないので
名古屋城から林佐渡を出陣させてもOK。その頃には徳川
との同盟もできているので心配なし。

 というパターンがわかってきたが、史実のように六角家
をさくさく倒すのは難しい。なにせ城の規模が大きいので、
委任でやっていても時間切れ。

 ということで、予想通りはまっているのであります。
Windows機はゲームの為にある・・・・


■戻る■

ブラウザのボタンでも戻ります