そろばんって面白い

・・・なんで始めたんだっけ?
あぁ、そー、そー小学校3年くらいに授業で有るんですよね
そろばんって(^^)
確かそれよりも「先に習っときなさい」
という親の方針があったんですねぇ〜
「魔女さんも行ってるから」って言いくるめられた。
それが決定打ではないのだが・・・

小学校6年だったかでやめた。
成績は思わしくなく、このへんで手先が
不器用だと判明する。

でも、そろばんって珠を弾くものではなくて
そのイメージを頭に焼きつけ、それを弾く
イメージで計算をするという事実が見えて来ると
少しおもしろくなる。技ではない、思考で勝負するのだ。
したがって、途中からは珠を弾くというのは
形式上やっていたが、頭の中ですべてを計算する。
そうこうするうちに自分の限界というのが見えて来る。
我ながら頭の回転はあまりよくない・・・
「馬ぁ鹿」と魔女さんによく言われた。

正直言ってそろばんはかなり早いうちに
どうでもいいと思い始めた。
しかし、そこはそれ、楽しいことが別にあったのである。
それは家−教室の往復である。

当時はまだ小学生だったので、陽があるうちに
帰宅することが常だった。しかし、そろばん教室から
帰るごろは星が出ていて、そういう時間にまだ
外にいるという「例外」な状況が何とも楽しかった。
このころ宇宙に散らばる星の輝きを美しいと感じた。
(笑うところです♪)

行きも帰りもほとんど魔女さんと一緒だった。
夜空を見上げて夜の坂道を自転車を押しながら歩いた。
良き日の思い出である。
「I just feel only you...」の元ネタ(^^;;;;;)もちろん脚色90%ですょ

で、夏場は大変辛いので水筒持参で通っていました。
中身は冷凍麦茶。激冷え状態がたまらなく旨い。
ある日、魔女さんが持っていたグリーンティを
カップに一杯ほどくれた。
「おいしいでしょ?このグリーンティ。」
「うん。」
とは言うものの砂糖入れすぎで激甘で辛かった。
そのことは未だに本人には言っていないが、
かなり体に悪いと思えるくらい甘かったぞ・・・
今でも忘れないくらい強烈な味だった(^^;)

他にも裏話があるが、やめとこ。
私はまだ死にたくない(ぉ



Go back.

If you have any question, please contact to me.
e-Mail to SHIMSOFT.